9393075010

さて、瀬女近辺散策もこれで最終回
帰り道にもうひとつ寄りたかったのが、こちら

手取川第3ダムである。

別にダムヲタではないのですが「大きな建造物+自然」というのが、なかなか見る機会がないので立ち寄ってみたくなりました。

図

うむ、構造はよくわからん。

貯水湖

前日まで雨脚が強かったので濁っているのかな?
それでも巨大な貯水湖は、見ていて圧巻です。
野鳥がたくさん戯れていたのもほっこりできました。

水門部分を上から眺めた写真です。
縮尺の関係で迫力が薄くなっていますが、実物はかなりの高さでした。足がすくむくらい。

こちらが水門正面

放水の様子もぜひ見てみたいものです。すごい眺めだろうな。

*

ということで長くなってしまいましたが、白山市は瀬女方面へのぶらり小旅でした。次はどこに行こうかしら?と考えるのも、また楽しい。

カテゴリー: ぶらり旅 白山市 | タグ: , , | コメントする

3198743325

ずいぶん更新間隔が空いてしまいました。
前回行った「瀬女 峠茶屋」のついでに近場をちょろっと散策。

まずは峠茶屋から車だと1、2分のところにある「瀬女の夜泣きイチョウ」へ。

瀬女の夜泣きイチョウ

なんでも、この豪雪地帯で500年以上の樹齢を誇る御神木のようで、大変貴重とのこと。確かに近くまで寄ってみると、しっかりとした幹とそびえ立つ雄大な姿には美しさを感じました。

説明

細かくて見えんね。

*

この日は少し肌寒いくらいの気温だったので、夜泣きイチョウを見たあとはひとっ風呂入ってから帰宅するため、Googleマップを物色・・・

帰路にいくつか銭湯があって迷った結果、

すぎのこ温泉

こちら「すぎのこ温泉」に立ち寄ることに。
通りの看板がなかったら温泉があることに気づかなそうな建屋。

外観

中に入ると笑顔の素敵な番頭さんに迎えられ、

内観

男湯に入ろうか、女湯に入ろうか、迷うこともなく男湯へ(そりゃそうだ)

さすがに中の写真は撮れませんでしたが、小さな湯船が2つ。
大人2人が入るのがちょうど良いくらいのサイズで、お世辞にも広いとは言えません。

それでもヒノキの湯船に源泉掛け流しのお湯は気持ちがよく、ゆっく〜りと入らせてもらいました。

ちなみに最近流行りのスーパー銭湯のようにシャンプー、ボディーソープなどは設置されていませんので、その点は要注意。

水道水(笑)

脱衣所を出たところには水のサービスがあった。
汗をかいたあとの水分補給はありがたいのですが、「水道水」と書くところにセンスを感じます。笑 「天然水」だと、やはり誤表記になるのでしょうかね。

なめこ

帰り際に特大サイズのなめこが販売されていたので、1パック購入。

後日、お鍋と味噌汁に使わせてもらいました。めちゃくちゃ旨かったです。
やっぱり白山のなめこは最高やー

*

白山すぎのこ温泉
〒920-2322 石川県白山市佐良タ121

カテゴリー: ぶらり旅 白山市 | タグ: , , | tree clover

瀬女 峠茶屋 辛い!旨い!辛なんば煮込みうどんをハフハフいただく!

今日は天気もいいし、どこかぶらりと出かけて旨いモンでも食べに行きたいなーと思い、手元にあった地元雑誌Favoを見ていたら・・・

見るからに辛そうな・・・

「瀬女 峠茶屋の辛なんば煮込みうどん」

めちゃくちゃ旨そう・・・そして辛そう・・・!

辛いモン好き+煮込みうどん好き、なので、行くしかないでしょ!

ということで白山市は瀬女高原のふもとまでドライブへ。

なお、色んな旅ブロガーさんの記事を見ていると、バスや電車での移動の方も多いようです。それもいいですよね。旅といえば公共交通機関って趣もあります。

しかし、僕の主な移動手段は原付50ccのリトルカブなのです。w

カワイイ愛車です

ですから、瀬女までのおよそ40kmでも小旅行気分を味わえるのだ。
燃費も最高なので移動費も安いです。街中走りでリッター70km超えます・・・!

※もちろん車もあるんですが、ひとりだとカブのほうが楽しい。

さて、瀬女高原といえば峡谷地帯
白山連峰の方面にずーっと走っていくわけですが、

鶴来をこえたあたり

だんだん曇ってきました・・・しかも寒い。
途中、コンビニに入ったりしながらも走る。

この道をカブで走ったのは始めてだったのですが、大型トラックの交通量が多い。
片側一車線を原付で走ってると、さすがに寄せて煽られること数度。。

ひと昔前のバラエティのカブの旅でも言ってましたが、

風と 匂いと 命の危険 を感じながらの小旅です。w

そしてより道しながら、1時間20分くらいで目的地に到着。

瀬女 峠茶屋

右端に写っているのは新聞配達ではありません、僕の愛車です!

宣伝カーのように見える

そして店内に入るとピッカピカのハーレーダビッドソンが置いてあった。
こんどリトルカブと一緒にツーリング行ってくれないかなあ。(死んじゃいます)

さて、メニューを見ずとも既に心は決まっていたので
「辛なんば煮込みうどん」をチョイス

辛さは選べるようです。
1合目(ちょい辛)、5合目(辛い)、山頂(激辛)とありました。
始めてのお店だったので迷いましたが、まずは5合目で様子見。

天かすは入れますか?と聞かれたので、アリでお願いしてみた。

あとは玉子のトッピングと、ご飯中も頼んで糖質祭りとなりました。

辛なんば煮込みうどん890円
玉子トッピング50円

おおおー結構辛そう。
そして普通にもつ煮がごろごろ入ってる!これは嬉しい。

アップだ

さて、さっそくいただいてみる。

まずはスープを一口すする。お、そこまで辛くない。
口の中に広がる味噌の旨味と甘味、そして辛味。これはご飯追加が正解な味だ。

見た目のとおり、もつ煮も本当にたくさん入っている。
トッピングしなくてもこの量ということは、プラストッピングしたら凄そうだ。

途中まで食べてみて「もうちょっと辛くてもイケるな」と判断したので、
置いてあった一味をちょちょいとふりかける。

だんだん汗が噴き出してきた。
でも、これが激辛の醍醐味!

ちなみに市販品の激辛と比較すると・・・
(306) 545-3688の山椒を入れないくらい、
寿がきやの辛辛魚ほどは辛くない、って感じです。分かりにくくてサーセンw

久しぶりに旨い味噌煮込みうどんをいただけて大満足です。
ごちそうさまでした。

*

瀬女 峠茶屋
石川県白山市瀬戸寅132

カテゴリー: 8336061143 | タグ: , , , | コメントする